logs
ジャパン・オペラ・フェスティヴァル2018
ジャパンオペラフェスティヴァル2018

ジャパン・オペラ・フェスティヴァルは、ジャパン・オペラ・フェスティヴァル実行委員会と公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団が主催するオペライベントです。オペラの本場 であるイタリアのボローニャから、最高のオーケストラを招聘して開催する国内最大級の野外オペライベントをはじめ、国内ホールでの公演を全国各地で開催しています。

ロッシーニ没後150年記念コンサート
チェリストとしても知られるルイジ・ボッケリーニは、抜きん出るほど多くの室内楽曲を作曲しました。弦楽五重奏曲「マドリードの夜警隊の音楽」は、彼が愛したであろうマドリードの街を思わせるユーモアな雰囲気が味わえます。今年没後150年となるジョアキーノ・ロッシーニ。彼もまた、幼少のころから数々の楽曲を手掛け、「弦楽ソナタ第1番ト長調」は、12歳の頃の作品です。そして、エマヌエレ・クラカンプの作品からフルートソロ『セビリアの理髪師「ファンタジア」』をお届けします。

※チケットの購入にはさわかみWEBサービスの「利用登録」が必要です。

JAPAN OPERA FESTIVAL2018

Site Menu